S・KとT・Mのキャッチボール〜師範・Nへの鬱積をボールに乗せて〜

「T・M、あと五球で私と交替。この剛腕児、どうにかして」
「ヘイヘイ」
 S・Kは一度火が付くとなかなか止まらない質らしい。
「S・K、ストップ。マサと交替」
 私はグローブを外してT・Mに手渡した。左手は真っ赤に腫れ上がっていた。
「アイツの球は並みじゃない。一球一球目を逸らすな」
 私が助言するも、T・Mは間近でその球速を体感していたせいで緊張からすっかりと表情が強張っている。
「私の時より気持ちゆっくり投げてあげてね」
 私は叫ぶように言った。
 S・Kはグラブを頭上にかざしている。通じただろうか。
 S・Kは球速を抑えるも、やはりT・Mの取りこぼしが目立つ。
「T・M、右手も使ったほうがいいよ」
「うるせーな。分かってるよ、そのぐらい」
 意外とT・Mはは負けず嫌いだった。
「T・M。学校はどうよ?俺らは今日、農作業でくたびれ果てたよ」
「学校は順調だ。畑は、もう慣れたか?」
 普段、変な敬語ばかり使っているS・Kのタメ口には違和感があった。そう言えばこの二人、同い年だったか。
 私には、二人が仲良くやってくれているのは嬉しい誤算でもあった。そんな微笑ましいキャッチボールは日没まで続いた。アイフル レディース

セカンドオピニオン、とは僅か違うけれど…

前日クリニックへ行ってきました。
殊に困難疾患、というわけではなく防衛を兼ねた簡単な検診だ。

前日から普段のクリニックから転じ、一時的に近所のクリニックへ通い始めた結果、さっとストレスしました。
今までますます通っていた、目新しい大きなクリニックは、しっかりした診査の日数だけ訪れ、15パイほどですむ簡単な検診だけで良い日は近所のクリニックへ、と進められたのです。
近所のクリニックは少し年数がある結果、装備や室内の兆候が異なりましたが、比較的ナースくんや医者がアットホームだったので、今までのクリニックでは示談できなかった狭苦しいことも話すことができました。

自分でもインターネットで調べたりしているので、大きな問題では薄い、と分かっているのですが…達人から安穏と言われると至って平安決める。
また、予想外のあやふやときのメンテや防衛法なども教えて貰えたので、自分としては大収量だ!
医者は「しゃべりすぎてごめんね」と何度か言っていましたが、こっちとしては多数報知を供給して貰えたので助かりました。

次回は数週間のち。何を教えてくれるのか?ちょっぴり楽しみですお金借りる 即日