端数対処と関数の仕事場について勉強していた

端数処置などについて育成しました。必要なけ信用小さいけたを四捨五入したり、切り上げ・切り取りする処置を端数処置といいます。端数処理する関数には、四捨五入するROUND関数、切り上げやるROUNDUP関数、切り取りやるROUNDDOWN関数、切り下げ講じるINT関数などがあります。ROUND関数は、表示するけた数のいつかのけたを四捨五入行なう。ちゃんと割合が露出されないことがあります。これは、0でわり算ができないというエラーメッセージだ。参照するセル番地を既存することを強要調べといいます。列か行のどちらか一方を既存することを配合調べといいます。根源の数字を下回る整数数字を表示するINT関数や、わり算した結果の空白を捜し求めるMOD関数などがあります。INT関数は小数点の結果の状態、その結果の正数周辺を下回る数字で表示します。最も結果が損数字の状態、注意が必要です。表が完成したら、けい線を追加して印刷し収集行なう。知らないこともあったので勉強になりました。こうそ痩せる