価値前の下調整にニラの投げ棄て刈りをしました

我が家のニラも思い切り背丈が伸び、これから実績叶える準備という事でニラの捨て刈りを行うことにしました。
冬の休眠の後に遅れる最初の葉は繊維材質が強い結果、食べてもとっても口当たりが悪いです。
そのため美味いニラの為に最初の葉は刈り、次に伸びてくる瑞々しい葉を実績行なう。

投げ捨て刈り自体は結構簡単で、地上部の3〜4cmくらいを残してばっさりと刈り込むだけだ。
その後の進展の為に気持ちよく追肥と土寄せも行って手続はフィナーレ。
それで大量の葉を捨てようとしたのですが、そこにマミーがUP。
「これ、惜しいから捨てないでね」と言い残して去っていきました。

これでディナーの計画が仲間決まったとすこしダメージしながら見回りの雑草を抜き、バーミキュライトが余っていたのでさっとマルチングして今日の手続はフィナーレ。
夜には案の定投げ棄て刈りのニラの葉がニラ玉として登場しました。
見込せずに食べると、何となく硬い。
とことん繊維が見えると言うか草くさいと言うか。
とはいえいつかからはおいしいニラが食べられるので、今回は我慢しつつ、今期最初の恵を頂きました。