中日ドラゴンズは選手一人一人が弱いわけではない。

中日ドラゴンズが19年ぶりの最下位が決まりました。セレモニー中には罵声が飛ぶ場面もありましたが、選手会長の大野雄大投手がマイクを握るとファンは静まり返りました。落合GMもGM剥奪されるようです。小笠原道大二軍監督が一軍監督に昇格します。二軍の試合を観ていますが、小笠原道大監督がいつも試合中ニコニコしていて現役時代の侍・小笠原道大のイメージがなくなるくらいです。二軍の成績も今年は素晴らしく、2位で惜しくも優勝を逃しましたが、来年は期待です。その感じで来年度は一軍でも常勝軍団を作ってほしいです。投手も大野雄大投手を筆頭に、小笠原慎之介投手、ベテランの吉見一起投手、打者もFAの動向が気になる、大島、平田両選手、福田永将選手、高橋周平選手と頑張って来年は優勝を目指せるチームになってほしいです。中日ドラゴンズは弱いわけではないと自分は思っています。きっとチームが噛み合わないだけで選手の能力はどの球団にも勝っていると思っているので、新監督の小笠原道大監督を率いて来年は優勝だ。燃えろ、ドラゴンズ。お金借りる即日