監督の行動がきっかけでこの様な制度が設けられた

現在のスポーツではビデオ判定を導入している所が多く国によって既にプロスポーツでもしている所あるが日本ではこの様な事はあまりしてないが既に導入している競技もあると言うが来年から導入する所がある。

それがプロ野球ですが今までは審判がビデオ判定をしていまして覆された事もあったが来年から「チャレンジ制度」が設けられる事になったがその要因となったのが今年の日本シリーズ第2戦で起きたホームのタッチだった。

同点までは認められたがセカンドから走って来た今宮選手がホームアウトだったが工藤監督が手の甲を審判を見せてビデオ判定をしたが長い審議の結果でランナーの方が早かった事でセールと認められてソフトバンクの逆転勝ちをした。

この第2戦もテレビ中継もしていた事でいろんな所からカメラは映されていましてアウトなのかセーフなのかと見た人にははっきりとわからない所もあると言うが野球には同時がないのではっきりさせないと判断がつけられないと言う事になる。

今までは監督や選手からビデオ判定の申請ができなかったが来季から「チャレンジ制度」として認められる事になったが今回の日本シリーズがきっかけで設けられた。

この制度は既にバレーボールでもこのチャレンジ制度を始めていますがこれはコートラインにボールが入っているのかどうなのかとこの様なチャレンジ制度をしているがプロ野球ではホームランやホームのタッチなどこうした所をチャレンジ制度を活用すると思われている。

よく考えるとこの様な事で泣かされた選手やファンもいたと言うがこれからは祈る事が多くなると思っていると言う事になるがテレビを見る時にこの判断はどうなのかと気になってしまうので面白くなる。

この様なチャレンジ制度の導入するスポーツがあると思うかもしれないがこうした判断もあると思っているのです。